FC2ブログ

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

Palerider2010

Author:Palerider2010
マカロニウエスタンとサントラが好きのおやぢです。

だれも関心を示さないようなヨーロッパのサントラなど集めてます。

好きなこと書いてますが、気に入ったらまったりと楽しんでいただければ嬉しいです。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マカロニCD 雑記

続夕陽


マカロニウエスタンやイタリア系サントラを発掘・製作・発売している、イギリス HILLSIDE レーベルのLIONEL WOODMAN氏によると、今後30タイトルのマカロニウエスタンのCD発売を予定しているとの事。

これは、まあCD化候補30タイトルのなかからピックアップして、ということであろうが、いやすさまじいばかりのリリース予定である。

--------------------------------

先の、ラクレンツァのタイトルにしても、当初2作品カップリングの予定だったのだが、音源が多すぎて一つの作品は次の機会に回されたとの事。

喜んでいいのか、悲しんでいいのか。必ず発売されることを祈ろう !

もう一つ、ラインナップから消えたフィデンコの作品は、契約の関係からおそらく今後DIGIT MOVIESから発売されるであろうとのことである。


CDが全く商売にならなくなったこの時代において、次々とこれだけの企画・リリースをしてくれるのであるから、価格面には少々目をつぶるとして、苦難の末に発売された作品については完璧に購入を続けたいものである。じゃないと、レーベル自体がつぶれたらたまらんですがね!

--------------------------------

CAM音源のCD化が目立っているものの、、RCA系の音源も「怒りの荒野」や「情無用のコルト」「風の無法者」のように、増曲しての発売がなされているので、個人的には曲数の少なかった「皆殺し無頼」や恐ろしい音質だった「南から来た用心棒」などの完全盤を期待したいものである。

まだまだ死ねないね。。。
スポンサーサイト

Comment

すごい情報ですね!

いつもながらすごい情報を発表して頂き有難うございます。これらが本当に音源化されれば、すごいことになりますね。僕の夢である、音で綴るマカロニヒストリー完全化も夢ではありません。またタイトル曲以外にも、もっと素晴らしい劇中音源が多数あるはずです。マイナーレーベル(DURIUM,ARIEL等々)や大手のRCA,CAM,BEATが所有する莫大な版権音源もできれば、完全化CDで発売されていってもらいたいものです。(さあ、これから無駄使いはやめて、マカトラ発売に備えておかなければ!)これからもどうか、新譜情報宜しくお願い致します!!!!

パトス

マカロニCDって高いですよね。
でも、決して儲け主義で発売しているとは、毛頭思えないんですよ。

財力のある限り、敬意を表して購入しようと思います。

マカロニにおける「パトス」でございます。

あれから40数年

奈良のモリタロウさん、こんにちは。

>音で綴るマカロニヒストリー
いいですね。私も、かつては日本公開編全集とかTV・ビデオ公開作編全集とかのCD化を考えたんですが、あまりに穴が多くしぼんでしまいました。

30作品とはいっても、いっぺんに3作品を年3回発売で約10タイトル。このペースなら、3年で達成しちゃいますね。全集製作も夢じゃないかも?

しかし、製作から40年近くたっているのに、よく音源がきちんと(?)保存されていますよね~。だって、みな超一流の作品でもないですし、イタリア人ですし(笑)。。。毎度、それに驚いています。

音源を捜すのって、やっぱり遺跡を発掘するようにワクワク・ドキドキとか、思っても見なかった大発見だとかも多いんでしょうね。CAMや他の倉庫で、発掘やってみたいな~。「おー、ラオールのベスト・アルバム用の音源見つけたぞ~。」なーんて。

ご指摘のように、他のレーベル作品の発掘作業も、みなさんよろしくお願いしたいです!


Garringoさん、ようこそ。

値が張るとはいえ、$24.99ですからね。買えない値段じゃないですので頑張ります。でも、500枚くらいのプレスですと、おっしゃるように、これでは商売にはなりませんよね。本当に、携わっている方々には頭が下がります。せめて、これからも購買によって、彼らの熱い心意気に報いたいものです。

「真昼の用心棒」「五匹の用心棒」だしてよ~。

投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://palerider2010.blog107.fc2.com/tb.php/85-6f521aed

 | HOME |