最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

Palerider2010

Author:Palerider2010
マカロニウエスタンとサントラが好きのおやぢです。

だれも関心を示さないようなヨーロッパのサントラなど集めてます。

好きなこと書いてますが、気に入ったらまったりと楽しんでいただければ嬉しいです。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DUETS リーバ・マッキンタイヤー

DUETS リーバ・マッキンタイヤー 


カントリー・ウエスタンのディーヴァ、リーバ・マッキンタイヤーの新作が発売になった。

とはいっても、リーバ・マッキンタイヤー WHO ? というかたがほとんどだと思う。

しかし、1989年制作のなんともいえん、まったり怪獣映画『トレマーズ』(主演は、ケヴィン・ベーコン、フレッド・ウォード)に出てきた銃器マニアの夫婦で奥さん役をやっていた肝っ玉かあちゃんといえばほぼすべての方が、「あの粋な母ちゃんね!」と思い出してくれると思う。

何本かの映画には出演してはいるが、本職はカントリー歌手。昔からどちらかというと、ポップよりのカントリーを歌っていた。そのためか、ブルー・グラス系がやや苦手な自分でも素直に彼女の歌に入ってゆけた。

ポップ系といえば、いまではフェイス・ヒルやシャナイヤ・トゥエインをはじめとする若いシンガーのほうが有名ではあるが、彼女らの歌はもはやカントリーと呼べないくらいポップ(ロック)よりになってしまい、自分にはもうついて行けないのである。

やはり、女王リーバの年季の入った泣き節がビールによく似合うのだ!

この新作は、各界の有名シンガーとのデュエット集。

キャロル・キング(!)、ヴィンス・ギル、フェイス・ヒル、リアン・ライムズほかとの素晴らしい楽曲が11曲。

「デュエット」と名のついているアルバムだが、どの曲をとっても女王リーバさまが一番引き立っているぞ(汗)。



スポンサーサイト

Comment

投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://palerider2010.blog107.fc2.com/tb.php/39-7804a21b

 | HOME |