FC2ブログ

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

Palerider2010

Author:Palerider2010
マカロニウエスタンとサントラが好きのおやぢです。

だれも関心を示さないようなヨーロッパのサントラなど集めてます。

好きなこと書いてますが、気に入ったらまったりと楽しんでいただければ嬉しいです。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Modern Singers

The Modern Singers

The Modern Singers
I Cantori Moderni Di Alessandroni


イタリア映画音楽界の影の巨人、アレッサンドロ・アレッサンドローニ率いるコーラスグループ ”イ・カントリ・モデルニ” 「The Modern Singers」 いよいよ発売です。

よく知られている作品としては、マルコ・ビカリオ監督の「黄金の7人」のテーマでのスキャット&コーラスがあります。その華やかなコーラスとスキャットは、数多くの魅惑的なサントラを生み出し、今日まで数多くのサントラ・ファンを魅了してきました。

その彼等、彼女らの名曲をコンパイルした作品集です。

収録は、モリコーネ「地獄の貴婦人」「テオレマ」「盗みのプロ部隊」「ある夕食のテーブル」「ミスター・ノーボディ」「マッダレーナ」をはじめ、マルチェロ・ジョンビーニ「ペリー・ローダン」、トロヴァヨーリ「アルチディアヴォロ」、ピエロ・ピッチオーニ「ロンドンの煙」、ブルーノ・ニコライ「大西部無頼列伝」、ピエロ・ウミリアーニ「ファイブ・バンボーレ」ほか、数々の作品よりピックアップされています。

詳しい曲名は以下のとおり。

1 Recitazione Corale
2 Fruscio Di Foglie Verdi
3 L'Ultima Corrida
4 Quant' E' Bella Giovinezza
5 L'Arcidiavolo (Titoli)
6 Abolicao
7 Scusi Facciamo L'Amore? (Between The Sheets)
8 4-3-2-1 Morte (Sequence 8)
9 Alla Luce Del Giorno
10 Doricamente
11 A Qualsiasi Prezzo (Main Titles)
12 Agente Speciale LK Operazione Re Mida (Carnival Party)
13 E Tornato Sabata (Hai Chiusu Un' Altra Volta) (Sequence 1)
14 Marda Degli Acattoni (Version 2)
15 Mucchio Selvaggio
16 Indio Black
17 Mr Dante Fontana
18 Quand' Ero Un Bebe
19 I Love You
20 L'Arcangelo (Main Theme) (Claudio's Edit)
21 Bob And Hellen
22 Cinque Bambole Rosa (Organo E Ritmi)
23 Anghingo (Versione Con Coro)
24 Pazzia In Cielo
25 Belinda May
26 Lo Scatenato (Slow Shake 2)
27 The Getaway

ほとんどが既出曲と思われますが、あのスキャットの洪水が27曲も堪能できるアルバムというのはすごいですね。期待が高まるなか、到着が待ち遠しいです。


下記より購入できます。






スポンサーサイト

Comment

こんばんは~

こういう内容だったんですね。
この系列のものを網羅したら、ほんとは全5巻とか10巻くらいのボリュームになるんでしょうね。

「グリンゴへのレクイエム」というマカロニのメインタイトルには、「コーラス:アレッサンドローニ、オルガン:トーマス900」なんて書かれていたことを思い出しました。
こういうことって、レコードにも記されてなかったように思います。
彼らは、サンレモでも大活躍でしたし。

アレッサンドローニってすごい業績を残した人なんですね。

私も予約しました。
楽しみです。

アレッサンドローニ

こんにちは。

> 彼らは、サンレモでも大活躍でしたし。

今回、サントラ以外の楽曲をもと期待していたのですが、やはり内容はサントラに限られたようです(たぶん)。

多少高額になっての限定発売でもいいですから、おっしゃるように彼等(彼女等)の全貌を聞いてみたいですね。

しかし、ここのところのマカロニウエスタンのDVD発売もそうですが、半世紀前(は言い過ぎですが)の職人達の仕事が再評価されていることに、喜びと感謝を禁じ得ません。

投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://palerider2010.blog107.fc2.com/tb.php/23-b9f4d3dd

 | HOME |