FC2ブログ

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

Palerider2010

Author:Palerider2010
マカロニウエスタンとサントラが好きのおやぢです。

だれも関心を示さないようなヨーロッパのサントラなど集めてます。

好きなこと書いてますが、気に入ったらまったりと楽しんでいただければ嬉しいです。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イルカの日   ジョルジュ・ドルリュー



イルカの日   1973
THE DAY OF THE DOLPHIN


監督: マイク・ニコルズ
出演: ジョージ・C・スコット 、トリッシュ・ヴァン・ディーヴァー
音楽: ジョルジュ・ドルリュー

作曲者ジョルジュ・ドルリュー を初めて意識した作品。当時、FM放送の関光夫氏の番組で何度も放送され、そのたびに、世の中には何て美しい曲を書く人がいるんだろうとうっとりしていた。

公開当時、LP盤は、日本盤と洋盤があったようだが、CD化は長らく日本のSLCから発売されたLPと同じ内容(14曲)のものだけだった。のちに日本でシングル盤として発売されたイルカのセリフ(?)入りの1曲が追加収録された(15曲)ものが、やはり日本から発売。

しかし、ここに来てアメリカのサントラ・レーベル Percepto Records より、25曲もの収録内容をもった 1,500枚 の限定発売盤が発売になった。こちらもフランスの6CD-BOX同様に発売予定日を過ぎても発売された形跡がなく心配していたのだが、無事発送の連絡があった。

すでに、発売元や大手サントラ通販会社では完売、唯一日本のすみやさんでは、まだ入手できるようです。



(上のジャケ写真、または楽天のバナーをクリックしてください)
スポンサーサイト

Comment

遙かなるイルカの呼び声

 こんばんは。
 イルカの鳴き声入ってましたか?
 FSMからやっと発送してくれたそうです…。
 これにドルリューですからねぇ…。ある意味 デマージBOXがなくて助かったかも?

 それと、場所違いで申し訳ありませんが「東京オリンピック」、実はとっくに出てたみたいです。なんか、ジャケに版権上まずい写真を使っていたとかで(東宝レコードはこのての騒動が多い)一旦、発売自粛後、11月の末に再リリースされました。
 すみやさんと東宝レコードで買えます。かなり聴き応え有ります。

東京オリンピック

>かぷりあ~にさん、こんにちは。

「東京オリンピック」の件、ありがとうございます。なんか、発売のこと記憶の彼方で聞いたことがあるようなんですが、イタリアとかそのあたりでの発売かな~なんて漠然とおもっていたものですから。助かりました!

「東宝レコード」って、ゴジラBOXのラストはまだ発売になってないですよね!あれ!?

もちろん出てませんですとも

 プロデューサーの岩瀬さん…でしたっけ。おそらくおひとりでこつこつと進められているのでしょうけど、浮気性で他の作品もあるせいか今だに見えてませんね。
 特にラストの「ファイナル・ウォーズ」は海外作曲(少ないけど)だし…。
 しかし、あのBOX売れてるんだろうか?
気持ち的には分かるんですけど、年齢的に皆さん、お金はあってももうお腹いっぱいなんじゃないのかなぁ…。

そう、腹いっぱいです

>かぷりあ~にさん、こんにちは。

おっしゃるとおりです。わが家では、大きさからいって、CD立てのブックエンドとして丁度いい大きさです。。。内容?これから聞きます。。。(汗)

ジャケットが…

 こんばんは。
「イルカの日」うちも届きましたが、ジャケットというより立派なブックレットですね。分厚くて取り出すときがひやひや。写真も文字も満載で、こりゃ相当愛着ある人がやったんでしょうか…。
 訊いてると、目から水滴がこぼれ落ちそうになります…。年取ったのかしら?

ドルリュー

>かぷりあ~にさん、こんにちは。

もう、届きましたか! 私のところは6CDは来たんですげ、イルカはまだです。楽しみだな~。たしかに、ブックレットを見ると、製作者の愛情を感じることがよくありますね。ペラペラで、白黒の写真だけのを見るとガッカリさせられます、ほんと。

ドルリュー6CD、いいですよ~。今まで聞いてきた曲でも、随分と新鮮に聞こえます。ミックスやテイクが違うのかななんて思ってます。もったいなくて、6枚を次々と聞けません!

年末地獄篇

 懲りずにコメント続投させていただきます。
 ドルリューBOXですが、考えてみればドルリュー作品は過去何度か、作品集が出ておりフランス映画やEP時代のもの、そっち系の定番はまぁある程度ベスト化されてましたが、それ以外の国、アメリカ版などはずっと放置されてたんですねぇ。
 これは聴き応えがありそうですね。晩年のハリウッド系サスペンス映画とか、TV作品とかも過去の作品集との差別化をキチンと考えているようです。
 個人的には「ホースメン」が入っていたのが…嬉しいですねぇ。
 
 最近、フランス系も若手の作曲家が随分と頑張ってますが、モリコーネ同様、これだけ音色が美しい作曲家は、いまいませんね。いい年こいて感動してます。

ドルリューBOX

>かぷりあ~にさん、こんにちは。

アメリカ映画なんてフランスのそれよりも権利でがんじがらめでしょうけれど、良くぞここまで!というラインナップだと思います。ホント、フランス・ユニバーサル凄過ぎです。

フランス系の若手(?)では、フィリップ・ロンビがいいですね。「パピヨンの贈り物」「一羽の燕が春を連れてきた」などは、聴いていてほれぼれしちゃいます。でも、イチオシは「Oui, mais...」。とってもかわいい曲です。

やっと届いた・・・

Paleriderさん、こんばんは。
イルカの日、SAEからなぜか3週間も掛かってようやく到着しました。あのテーマ曲がボーナストラックとなっていたのがちょっと驚きでしたけど、”お初”が盛りだくさんで感涙です。
変わってボックスの方は、「イルカ」のメインテーマに音詰まりが・・・。こちらは残念だけどまあテーマ曲は他のCDでも聴けるのでと諦めモード。個人的には「ジャッカルの日」が嬉しかったなぁ。

>いんぐまーるさん、こんにちは。

レス、遅くなり申し訳ございません。正月明けに家族旅行へ出かける件で、数日の間バタバタしていました。

「音詰まり」私のにもありました。まあ、他で聞けるので我慢しますか。でも、こうしていざ決定版が出てしまうと、祭りの後の寂しさのようなものを感じてしまうのも贅沢なものですね。

話し変わって、今週末にBSで「フォロー・ミー」がありますね。もう何度目かの放映ですが、見始めると、ついつい終わりまで見てしまいます。でも、この映画、なぜDVDが出ないんでしょうかね?それと「ウィークエンド・ラブ」などもそうですが、いつか出して欲しいものです。

北国の帝王のDVD発売!

>Palerider2010さん
返信のレス、どうもです。アメリカではDVDになっているのになぜか日本版が出ないものってけっこうありますよねぇ。「ジーザスクライストスーパースター」なんかもTV放送はするのに、DVDは日本じゃ出ない。聞くところによると劇中の使用楽曲にせいだとか・・・。
で、いつになったら日本版が出るのかと思っていた「北国の帝王」が日本語音声収録で3月6日発売だそうです。5月には「ハリーとトント」も出るそうです。定価は4000円弱と高いけど、やっぱ欲しい。

CDとDVD

>いんぐまーるさん、こんにちは。

「北国の帝王」「ハリーとトンと」。いずれも映画青年だったときに見て、それぞれが印象に残る作品です。

ただ、正直なところ、現在、【映像の所有】という部分では、予算の関係上かなりターゲットを絞らざるを得ない状況にもありますので、微妙なところですね。。。(といいながら、マリー・フォルサ買ったりしている。。。)

来年になると、△△△がまた怒涛のように○○○しそうですし、それらはもう優先順位一位ですので、そのお金も取って置かねばなりません。。。

サントラのほうも、米伊仏と60~70年代にターゲットを絞ったリリースも続くのでしょうし。。。

も~、宝くじ、当たんないかな~。。。

投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://palerider2010.blog107.fc2.com/tb.php/137-56c5f716

 | HOME |