FC2ブログ

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

Palerider2010

Author:Palerider2010
マカロニウエスタンとサントラが好きのおやぢです。

だれも関心を示さないようなヨーロッパのサントラなど集めてます。

好きなこと書いてますが、気に入ったらまったりと楽しんでいただければ嬉しいです。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バート・バカラック ライブ!

burt

バート・バカラック 
ライヴ・アット・ザ・シドニー・オペラ・ハウス


アメリカならず全世界のポピュラー音楽界の頂点にたつ男、バート・バカラックの新作ライヴ。

2008年1月に行なわれたコンサートを収録したものであるが、ここには、スタジオ録音を遥かにしのいだ興奮を味あわせてくれた1971年の日本コンサートの熱狂はもはや感じられない。

でも、それはガッカリと言うことではなく、バカラック自身もそれを聴く自分自身も歳を重ね、同じ波長を共有しているという別の喜びを感じさせてくれるアルバムではあった。

彼の名曲の数々は、メロディ自身聞いていて非常に人懐っこく、しかしアレンジは他に類を見ないほどユニークであり緻密に計算されている。自分のなかでは、その点がモリコーネと非常に共通していると思っている。

二人の共通項がよく現れている曲はバカラックの『007/カジノロワイヤル』とモリコーネの『盗みのプロ部隊』であろう。メロディはもちろん違うものの、使用している楽器、アレンジなどは驚くほど酷似している2曲なのだ。

バカラックも今年80歳、モリコーネも80歳。どちらも天才的な作曲家と同時に、現在でもまだ第一線で活躍を続けている驚異的な巨人である。

ちなみに5月生まれのバカラックのほうがちょっぴり兄貴である。

スポンサーサイト

Comment

バカラック大好き

こんばんは。
バカラックは大好きです。
「カジノロワイヤル」を聞くと、必ずいつも「盗みのプロ部隊」を思い出します。
メロディは違うのに、アレンジと楽器の使い方が同じですよね。

俗っぽさをどこかに感じさせながらも、ユニークさを前面に出して意表をつくあたりが共通項かな。

全く見当はずれかも知れませんが、ユーミンの「ランチタイムが終わる頃」という歌、まさしくバカラック調で大好きなんですよ。

そうですか!

Garringoさん、こんにちは。

やはりそう思います!?この2曲は、クライマックスの盛り上がり方まで似ていましたね。盗作云々ではなく、二人の天才の共通するエッセンスがこのような形に表れたんだろうと思います。

ユーミンの曲ですか~。今度見つけて聴いてみますね。ユーミンといえば、大学時代の甘酸っぱい思い出、引きずってるんだよな~。このころ尾崎亜美も好きだったっけ!(カンケイナイカ)

尾崎亜美

こんばんは。

>ユーミンといえば、大学時代の甘酸っぱい思い出...
いっしょ、いっしょ!!(笑)
尾崎亜美も好きでしたよ~
「初恋の通り雨」なんて、今でもよく聞きます。

って、話が横道にそれてしまってすみません。

初恋の通り雨

尾崎亜美の「初恋の通り雨」って、おんじ曲好きでしたよ(笑)。50~60年代のアメリカン・ポップ系の曲ですよね。よく聴きました。

この曲は、甘酸っぱいどろか。。。涙(以下自粛)

投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://palerider2010.blog107.fc2.com/tb.php/126-d3e2d1aa

 | HOME |