FC2ブログ

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

Palerider2010

Author:Palerider2010
マカロニウエスタンとサントラが好きのおやぢです。

だれも関心を示さないようなヨーロッパのサントラなど集めてます。

好きなこと書いてますが、気に入ったらまったりと楽しんでいただければ嬉しいです。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白馬の老ガンマン

サクラメント3

白馬の老ガンマン  1972年 イタリア映画
Sei jellato amico hai incontrato sacramento


監督 ジョルジオ・クリスタッリーニ
音楽 フランコ・ミカリッツィ 「アヴェマリアのガンマン」
出演 タイ・ハーディン 「ブロンコ」

かつてライブラリー・シリーズの1枚として少量作成され、実際の市販化はなされなかったといわれる(ですよね、たしか?)マカロニウエスタン 幻のアナログ・アルバムの一枚がCD初発売になります。

個人的に、音楽のみは所有していたものの(Xさん、ありがとう)、こうして正規盤で聴けることになるのはやはり嬉しい。

ミカリッツイによるアップテンポなメイン・テーマは、黒人霊歌を思わせるちょっとソウルフルなもの。マカロニにしては、ちょっと風変わりなテイストを持ったスコアだ。ステレオ・マスター・テープより15曲を収録。

同時収録の「I due volti della paura」は、ジャッロ物のようです。

サクラメントLP
アナログLPジャケ

そして...

少女3

少女 1974年 イタリア映画
La ragazzina

音楽 ニコ・フィデンコ

も同時発売です。モリコーネとはまた違った独特のアクとセンスを持つフィデンコのスコア。このジャケ、いやスコアも非常~に楽しみです(汗)。

少女5
アナログLPジャケ

なお、このような△△△△なLPジャケは、フィリッップ・サルドの「義父/Beau-père」というのがありましたが、今のご時世ですと、ジャケ写真をアップするのは はばかれます。みなさん、ご自分で探してみてください。

6月15日の発売です(ホントか!?スグだぞ!)。
スポンサーサイト

Comment

こんばんは~

確かに「白馬の老ガンマン」ですね!うまい!
リンゴーって名前の馬でしたね。

この映画、音楽も作品自体も一風変わった路線なんですが、けっこう好きなんですよ。

黒人霊歌風なスタイルが、とってもオシャレですね。
誰が歌ったか失念しましたが、酒場での歌「The story of the girl」が版権の問題か、レコードにもCDにも収録されないのがとっても残念です。

隠れた名作だと思うのですが、いわゆる黄金期のマカロニとは、ちょっと路線が違うからあまり話題にならないのかなあ…ブツブツ

sacramento

Garringoさん、こんにちは。

いつもお寄りくださり、ありがとうございます。

日本語タイトルですが、どちらかの輸入ビデオやさんがつけたタイトルなんですよ。律儀に奇習しなくてもいいんですがね(汗)。

こういったマカロニ全盛期から外れた作品を見るのもまたオツなものかもしれませんよね。それなりの変化球を持って作っていると思いますので。

え? もちろん、私はまだ未見ですが・・・(汗)

あわせて、フィデンコのスコア、結構楽しみです!

サクラメント

BMG??のライブラリCDに、こそっと収録されてたようなので
マスターはあるんだろうなあと思ってましたがまさか丸々出るとは!
大枚はたいてLP買ったので、ちょいと複雑。。。

黄金期のマカロニなのに、ちっとも話題にならないような
マイナー作品も準備中だよ…ブツブツ

準備中

きようきさん、こんばんは。

>黄金期のマカロニなのに、ちっとも話題にならないような
マイナー作品

うーん、なんでしょうねぇ。日本公開作でしょうか、未公開作品でしょうか?

公開作でしたら、サヴィーナの「リンゴ・キッド」なんか期待しちゃいたいのですけどね!

ムフフ

「リンゴ・キッド」出ればいいなあ。マスターはあるのかな?

準備中作品は未公開作品ですが一部CD化済みなんで新鮮度はないかも。

未公開作!?

なんでしょうねぇ? 考えるだけでもワクワクしちゃいます。

Saimel さんかな? Digit さんかな~? いずれにしても楽しみです。ありがとうございました。

投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://palerider2010.blog107.fc2.com/tb.php/10-e14fef7b

 | HOME |